【7月26日 marie claire style】スイスの時計ブランド「オメガ」といえばその創造性、先進的デザイン、クラフツマンシップで世界を代表するブランドですが、スポーツへの影響力も世界中の様々な競技に及んでいます。記事全文へ

【7月26日 marie claire style】スイスの時計ブランド「オメガ」といえばその創造性、先進的デザイン、クラフツマンシップで世界を代表するブランドですが、スポーツへの影響力も世界中の様々な競技に及んでいます。

 1932年以来、28回にわたりオリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務めていることはよく知られていますが、他にも陸上、水泳をはじめ、国際的なヨットレースであるアメリカズカップでも献身的な活動を続けています。

 競技における一挙手一投足を計時するだけでなく、数多くの革新的なテクノロジーの開発と導入という役割も担っていて、そういった技術の1つ1つについて競技者も、審判も、そして観客も、「オメガ」をなくてはならないものと認識しているのです。

 このような「オメガ」のスポーツ界への貢献はゴルフの世界へも及び、2011年からはPGA(全米プロゴルフ協会)の公式パトロン、そしてオフィシャルタイムキーパーとしてその存在を強く印象づけています。

 PGAは世界最大のスポーツ組織で、約28,000人のPGAプロフェッショナルの人々で構成されています。ゴルフを教え、マネージメントするプロの人たちと、今やオリンピック競技のひとつとなったゴルフを、アメリカのみならず全世界で普及させる活動を推進するために、「オメガ」は協力しているのです。

 ゴルフ競技でよい成績をおさめるためには、ただ遠くにボールを飛ばす能力があればいいというものではありません。卓越した戦略、ショットの正確性、そしてどんな場面でも冷静でいるスタイルが重要です。これはまさに「オメガ」というブランドがもつ価値観と重なります。だからこそゴルフは「オメガ」を象徴するようなスポーツといえるでしょう。

 8月9日から12日までミズーリ州ベルリーブ・カントリークラブで開催される、メジャー・トーナメントの1つ「全米プロゴルフ選手権」の観戦取材に行きます。昨年プレーオフで涙をのんだ松山英樹選手の活躍を期待するとともに、「オメガ」のゴルフ界への貢献をこの機会に再認識できればと思っています。

■「2 Years to TOKYO 2020」開催-Olympic Games Exhibition-
オメガは1932年のロサンゼルス大会で単一ブランドとして初めてオフィシャルタイムキーパーを務めてから、最も多くのオリンピックで計時を担っており、東京 2020で29回目となります。このエキシションでは、過去の大会で使用されたものから最新の主な計器機器を展示し、オリンピックと時計技術の発展と進歩、そしてタイムを計測するにとどまらないオメガとオリンピックの関わりを紹介します。また、すでに発売されたオリンピック コレクションや、国旗やオリンピックカラーにインスパイアされたNATOストラップ コレクションに加え、東京 2020の開催を記念した日本限定モデルを販売します。

会場:伊勢丹新宿店 本館1階=ザ・ステージ
会期:7月25日(水)~31日(火)

■お問い合わせ先
オメガお客様センター/03-5952-4400 

■関連情報
・オメガ 公式 HP:www.omegawatches.jp
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/text: Katsuto Tai

関連写真