【6月28日 marie claire style】日中に受けたダメージを修復する、という概念に着目し、30年以上前に、美容液というカテゴリーを確立させた『ナイト リペア』。10センチの距離から見ても美しいカバー力と、15時間経っても美しいまま崩れない持ちの良さを実現し、ファンデーション界では異例ともいえる20年に渡るロング&ベストセラーを更新している『ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ』など、数々のヒット作を世に送り出している「エスティ ローダー」。それらの製品をうみだし、常に新しい研究開発を行っているR&Dへ取材に行ってきました。

 N.Y郊外のメルヴィルにあるR&Dは、13エーカー(東京ドームの1.3倍)の広大な土地に建てられた瀟洒な施設。1500人にも及ぶ科学者たちが、管理された最先端の環境の中で、さまざまなジャンルの研究にしのぎを削っています。『特にここ最近は、細胞に備わる体内時計であるサーカディアンリズムや、タンパク質の浄化作用であるオートファジー機能と、細胞のダメージ修復の関係性など、DNAレベルの研究が進んでいます』と、皮膚生物学・細胞ラボの第一人者、ナディーン ペルノデ博士はいいます。パソコンやスマホから発せられるブルーライトによる悪影響にも言及されていました。R&D内に訪問するにあたっては、私も研究員の方々のように白衣とゴーグル、手袋の着用を義務づけられるなど、徹底的な衛生管理を実施。初めて本物のDNAを肉眼で確認することもできました。

 1946年に、ミセス ローダーにより創設された「エスティ ローダー」。このR&Dがつくられたのは1968年のことですが、以来ずっと最先端の研究をし続ける背景には、ミセス ローダーが経営者であるだけではなく、母や妻としての時間も大切にしてきた多忙な女性だったため、すばやく効果的なお手入れができる高機能性を追求するとともに、エレガンスやラグジュアリーであることも大切にしてきました。

 たとえどんなに忙しくても、女性らしさや美しくなろうとする心を忘れてはならないーー。今回の取材を通し、そんなメッセージが聞こえたきたような気がしました。短い滞在で、N.Yの本社やR&Dを取材して回りましたが、これといった肌トラブルに見舞われず、仕事中もメイク崩れしなかったのは、やっぱり『ナイト リペア』や『ダブル ウェア』のお陰! アジア女性のために、発酵技術を取り入れてつくった『マイクロ エッセンス ローション』にも助けられました。

■商品概要
・アドバンスト ナイト リペア SR コンプレックスII 50mL 13,500円
・ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ<SPF 10/PA++> 全10色 各30mL 6,000円
・マイクロ エッセンス ローション 150mL 11,500円

■関連情報
・エスティ ローダー 公式HP:www.esteelauder.jp
倉田真由美のBeauty Life アーカイブはこちら

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/photos & text: Mayumi Kurata