【5月31日 marie claire style】美容通ならずとも、当たり前になった「コントアケア」。肌を引き締め、本来の顔立ちを際立たせるという、まったく新しい化粧品ジャンルを切り開いたのは、「クラランス」のトータル V セラムだ。誕生から20年。それはすなわち、日本女性を進化させてきた20年・・・。

■きゅっ×ぴんっ×すっきり。日本女性の「なりたい」が生んだ、ザ・コントア美容液
きっかけは、パリにあるクラランスのスキン スパを訪れた日本の美容ジャーナリストが、ブランド創始者ジャック・クルタン=クラランス氏に語った、何気ないひと言だったという。

「日本女性は、『小顔』になりたいんです」

 小顔とは、メリハリがある小さな顔、そしてすっきりシャープなフェイスラインのこと。欧米人からは、にわかにイメージしがたかったというその「声」に応えるべく、クラランスは、欧米人と日本人の肌や顔の特徴を徹底的に研究。すると、日本人は欧米人に比べ、フェイスラインや目の周りに脂肪がつきやすく、むくみやすい性質があることがわかったという。フェイスラインのぼやけや頰のボリュームのなさ、むくみやたるみ、二重あごまで・・・。小顔を阻むあらゆる悩みが、私たちの顔の構造にも起因していたのだ。遡ること20年、こうしてそれまでなかった初めてのコントアケア、初代リフトマンスール ヴィザージュが誕生したのである。その後、現在に至るまで進化に進化を重ねた4代目のトータル V セラムは、120を超えるビューティアワードを獲得するなど、コントアケアの名を欲しいままにしている。

 最大の特徴は、脂肪、むくみ、たるみと、3つの「捨てる」を狙っていること。配合されたのは、ガラナ*1、ワイルドジンジャー*2、カキ*3と、クラランスならではの植物エキスだ。エステティックサロンでの経験から生まれた「捨てる」独自メソッドをあわせて行うことで、小顔印象へ。クラランスにしかできなかった美容と言っても過言ではないだろう。20年もの長きにわたって変わらず、いや日本を超えてアジア女性たちへとさらに支持を広げているのは、私たちの「なりたい」を丁寧に叶えてきたから。女性たちが「差」に夢中になったからなのである。 

 頰がきゅっ。目尻や口角がぴんっ。フェイスラインがすっきり。すると、ファッションやメイクを楽しみたくなり、人に会いたくなり、新しい挑戦をしたくなる。肌質を超え、年齢を超え、気持ちを上向かせる・・・。そう、トータル V セラムはこれからも日本女性たちを進化させ続ける!

*1 ガラナ種子エキス 
*2 ハナショウガエキス
*3 カキ果実エキス(すべて保湿・整肌成分)

 あなたも「小顔印象」へ!あなたのお悩みに合わせたコントアケア メソッドをご紹介します。まずはカウンセリングにお越しください。

■プロフィール
松本千登世(Chitose Matsumoto)/エディター・ライター。雑誌や単行本など、美容や人物インタビューを中心に活動。『結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。今日も「綺麗」を、ひとつ。』『ハイヒールは女の筋トレ 美の基礎代謝をあげる82の小さな秘密』(ともに講談社)ほか、著書多数。

■お問い合わせ先
クラランスお客さま窓口/03-3470-8545

■関連情報
・クラランス 公式HP:www.clarins.com
・Facebook:www.facebook.com/clarins.jp/
・Twitter:twitter.com/Clarins_JP
・instagram:instagram.com/clarinsjp/
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/composition & text: Chitose Matsumoto