【4月11日 marie claire style】創業270周年を迎えたヨーロッパの老舗テーブルウェアブランド「ビレロイ&ボッホ」。伝統と技術、時代をとらえる革新性が生み出してきた数多くの名作から、代表的なシリーズ「オールドルクセンブルク」の魅力を紹介する。

■Villeroy & Boch Story/創業270年の歴史を代表する名作「オールドルクセンブルク」の魅力
「ニューウェイブ」シリーズをはじめ、モダンで斬新なデザインが印象的な「ビレロイ&ボッホ」のテーブルウェア。実はその歴史は、ドイツ人のフランソワ・ボッホが、1748年にヨーロッパ中心部の自治国家ロレーヌ公国において、陶製テーブルウェアの製造を開始したところまで遡る。その後、陶磁器工場を経営していたフランス人のニコラ・ビレロイと事業統合を行い、現在の社名へと変更。1850年にはヨーロッパ大陸で初めて、ボーンチャイナの焼成に成功するなど、ドイツの優れたテクノロジーと、フランスの繊細なデザインセンスの融合から生まれた多くのプロダクトとともに、躍進的な成長を遂げてきた。いまや世界トップクラスのスケールを誇るホームウェア・ブランドとなった「ビレロイ&ボッホ」。その原点とも言えるのが、東洋のブルー&ホワイトにインスパイアされたという可憐なデザインの「オールドルクセンブルク」シリーズ。1768年の発売以来、250年の時を経てなお、世界中で愛され続けている名作だ。紅茶やプチガトーが映える上質な白と、繊細な青。小さな花と小枝の上品で繊細な意匠。テーブルに並べるだけで、華やぐようなひとときを演出してくれる。

■伊勢丹期間限定イベント「毎日をプレミアムに」
伊勢丹新宿本店にて、本年270周年を迎えたドイツの「ビレロイ&ボッホ」が、ホテル・レストランで採用されるプロ用ラインなども集めたイベントを期間限定で展開します。他では入手しにくいテーブルウエアや世界のルクセンブルク大使館などで愛用されているシリーズをこの機会に。

期間:4月25日(水)~5月8日(火)
場所:伊勢丹新宿本店本館5階=ウェストパーク/洋食器

問い合わせ先
エッセン コーポレーション/03-3847-6860

■関連情報
・ビレロイ&ボッホ 公式 HP:www.villeroy-boch.co.jp
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/photo: Eri Hosomi / styling: Hiromi Takeuchi / text: Satsuki Tadokoro