【3月20日 marie claire style】春に美味しいアスパラガスを、濃厚なカルボナーラソースと組み合わせてパスタにしました。爽やかな陽気の週末ランチに、お好みのワインとお楽しみください。

■How to Cook〈調理時間30分〉
1.アスパラガスは根元を切り落として下半分の皮をむき、長さ3cmの斜め切りにする。パンチェッタは幅1cmの短冊切りにする。
2.フライパンを弱火にかけ、オリーブオイルでパンチェッタを香ばしい焼き色がつくまで炒める。
3.ボウルに〈A〉を入れ、しっかり混ぜ合わせたら〈2〉を加える。
4. 鍋に湯を沸かし、塩を加えてからペンネを茹でる。茹で上がる3分前にアスパラガスを加える。
5. ペンネとアスパラガスをザルにあげて湯を切り、〈3〉に加えてよく和える。皿に盛り付け、黒胡椒、パルミジャーノレッジャーノ(分量外)をふる。

■Point!
パンチェッタは豚バラ肉を塩漬けにして乾燥熟成させたもの。肉と脂にしっかりとした旨味と塩気があり、加えることでソースのコクや風味が増します。ベーコンで代用も可能。

■材料〈4人分〉
・ペンネ・・・100g
・アスパラガス・・・8本
・パンチェッタ・・・50g
・オリーブオイル・・・大さじ1
・黒胡椒(粗挽き)・・・適量
・湯・・・3L
・塩・・・大さじ1

---A---
・全卵・・・1個
・卵黄・・・1個分
・パルミジャーノレッジャーノ(すりおろし)・・・大さじ2

■プロフィール
樋口正樹(Masaki Higuchi)/料理研究家
2011年より料理研究家として活動開始。書籍『One Plate DISHES 毎日食べたい、作りたいワンプレートごはん』、『EVERYDAY Sweets 毎日食べたい、作りたいスイーツレシピ100』(ともにグラフィック社刊)など発売中。

■関連情報
樋口正樹 kitchen studio HIGUCCINI公式サイト<外部サイト>
樋口正樹さんのレシピを集めた特集ページはこちら
(c)marie claire style/recipe, photos: Masaki Higuchi