【12月14日 marie claire style】最高級のランジェリーで、その名を世界に広めた「ラペルラ」。記事全文へ

【12月14日 marie claire style】最高級のランジェリーで、その名を世界に広めた「ラペルラ」。昨シーズンより、新しいクリエイティブディレクターを迎え、イタリア発のラグジュアリーライフスタイルファッションブランドへと進化を遂げた。そんな「ラペルラ」の今をクローズアップ!

■マカオで発表した最新コレクション
「ラペルラ」は、2017年春夏より、クリエイティブディレクターにジュリア・ハートを迎え、核となるランジェリーにプラスし、レディ・トゥ・ウェアのコレクションもスタート。その最新作となる2018年春夏コレクションをマカオで発表した。

 今季のテーマはストーン。一見、硬く見えるものも、カットすると中からはスムースな曲線の層が現れるように、強固さと柔らかさ、固体と液体、静と動など、相反する要素をヒントに、美を表現したという。岩の間を流れる水のような美しい刺繍には、新技術を駆使して生まれた伸縮性の高い糸を使用。昔ながらの繊細なレースの美しさと、ストレッチするという、機能性を組み合わせることにも成功した。エレガンスと着心地のよさは共存できることを証明し、革新的なスタイルを披露したコレクションとなった。

■About La Perla/「デザインするうえで一番大事にすることは"女性の気持ち"です」
1954年にイタリア・ボローニャの街に開かれたコルセットのアトリエから、その歴史が始まった「ラペルラ」。美しい素材、繊細にしてラグジュアリーな装飾、そして女性のボディにフィットする着心地を追求し、ランジェリーからビーチウェアなど、商品展開の幅を広げてきた。
「一番大事なのは、女性が身につけてどう感じるか。彼女たちの気持ちです。そしてフェミニティを感じることができるのは、ランジェリーだけではない。スーツでもドレスでも同じように女性らしくいられるということ」と語る、クリエイティブディレクターのジュリア・ハート。ランジェリーが原点のブランドだけに、ドレスを選ぶときは、サイズはもちろん、そこに忍ばせたブラのカップサイズまで合わせることが可能だ。
「ラペルラは全身のサイズを測り、下着と一体化した服を購入できる、稀なブランドです」

 アートにも精通したジュリアは、絵画や建築物などからヒントを得ることも多い。そんな洗練されたビジョンとセンスを持つジュリアのクリエーションと、高度な専門知識と技術を誇るランジェリーのプロたちの力が融合し、「ラペルラ」独特のエレガントな世界観は生まれる。高い技術と贅沢な素材を使い、ボディを知り抜いた職人たちが手がけるブランド「ラペルラ」は、唯一無二の存在だ。

■お問い合わせ先
ラペルラジャパン/03-6438-9700

■関連情報
・ラペルラ 公式HP:www.laperla.com
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/text: Tomoko Kawakami

関連写真