【9月14日 marie claire style】秋は鮭の美味しい季節で、美しい色をした生の切り身も多く出回ります。今回は肉厚で輪切りにされた旬の生鮭を使ってステーキに。バターとレモンのシンプルな味付けで、素材の味わいを存分にいただきます。

■How to Cook〈調理時間15分〉
1.ズッキーニは厚さ1.5cmの輪切りにする。エリンギは縦半分に切る。
2.鮭は両面に塩、胡椒をふり、小麦粉をまぶし、余分な粉をはたく。
3.フライパンにオリーブオイルとバター(10g)を中火で熱し、バターが溶けてキツネ色になったら、〈1〉、〈2〉、レモンスライスを入れる。鮭に油をスプーンでまわしかけながら3分ほど焼き、返して裏面も同様に焼いたら皿に盛る。
4.フライパンを再び中火にかけ、バター(10g)を加え、バターが溶けたら火を止め、塩、胡椒で味を調え、レモン汁、イタリアンパセリを加えて混ぜる。〈3〉にまわしかける。

■Point!
鮭にまぶす小麦粉は、ムラなく、余分な粉をしっかりはたくことと、まぶした後放置せずにすぐ焼くことが美味しさのポイントです。また焼くときは、裏返す以外、素材には触れないこともポイント。小麦粉の膜によって鮭の旨味を閉じ込め、ふっくらと仕上がります。

■材料〈2人分〉 
・鮭(生の輪切り)・・・2切れ
・ズッキーニ・・・1/4本
・エリンギ・・・2本
・レモンスライス・・・2枚
・塩、胡椒・・・各適量
・小麦粉・・・小さじ2
・バター・・・20g
・オリーブオイル・・・小さじ1
・レモン汁・・・小さじ2
・イタリアンパセリ(みじん切り)・・・4枝分

■プロフィール
樋口正樹(Masaki Higuchi)/料理研究家
2011年より料理研究家として活動開始。書籍『One Plate DISHES 毎日食べたい、作りたいワンプレートごはん』、『EVERYDAY Sweets 毎日食べたい、作りたいスイーツレシピ100』(ともにグラフィック社刊)など発売中。

■関連情報
樋口正樹 kitchen studio HIGUCCINI公式サイト<外部サイト>
樋口正樹さんのレシピを集めた特集ページはこちら
(c)marie claire style/recipe, photos: Masaki Higuchi