【9月14日 marie claire style】1923年創業のコパカバーナ・パレスは、今日のブラジルにおいて最も長い歴史を持つホテルとして知られています。コパカバーナ・ビーチに面したこのホテルは、リオデジャネイロがブラジルの首都であった時代の建物です。ホテル・カールトン・カンヌにインスパイアされたフランス人建築家によって建てられ、有名なアトランティカ通り沿いに立ち、海を見渡せる、真っ白でエレガントな素晴らしい建物です。クラシックかつ居心地のよい空間は、まるで家に迎えてくれるかのようです。すべてが魅力的で、まさに伝説となるために造られたと言っても過言ではありません。

 今日ではベルモンドグループが経営していますが、今でも多くのセレブリティーを迎え、リオの魅力的なイベントにもよく使用されています。

 結婚式、ダンスパーティーなどが催されていますが、最近個性的なイベントが行われました。 改装工事前に空となったホテルの大きなプールを貸し切り、大がかりなアトラクションのパーティーが行われたのです。その名も「Empty Pool Party」というイベントで、同時にブラジル版『マリ・クレール』7月号の発売を記念したイベントでもありました。この日は多くのこの顧客が集まり、喜びと輝きに満ち、さらにエレガントでオリジナリティー溢れる魅力を放っていました。この神秘的なホテルが唯一無二の存在として造られたことを改めて感じることができました。

■プロフィール
アリックス・ドゥ・リーニュ(Alix de Ligne)
王室の血を引くベルギー貴族の中で最も古く、名声の高い「ドゥ・リーニュ」家に生まれる。称号はPRINCESS(プリンセス)。ベルギーのべルイユ城で育ち、その後、日本、ニューヨークで数ヵ月間、パリで数年間を過ごす。現在は母親の祖国ブラジルのリオデジャネイロを拠点に、ヨーロッパを始め、旅のリズムに合わせて世界中で生活している。ジュエリーへの高い関心から、現在、ブラジル発の国際的なジュエリーブランド「H.Stern」のマーケティングを担当している。

■関連情報
アリックスのblog:アーカイブはこちらから
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style