【7月31日 marie claire style】超ロングセラーの"スキコン"こと「スキンコンディショナー」をはじめ、「エクサージュ」や「シフォン」など、数々の名品を持つアルビオン。また、自然の恵みを取り入れた「イグニス」や「インフィオレ」なども、実はアルビオンが展開する人気ブランド。美肌意識の高い女性が支持することで知られるアルビオンが、さらなる化粧品づくりを見据え、2010年に開所した「アルビオン白神研究所」と「パイロットファーム」の視察のため、秋田県の藤里町に行ってきました。

 質のいい化粧品づくりには欠かせない"水"を探すことから始まったという研究所とファームづくり。試行錯誤の末、行き着いたのが、世界最大のブナの原生林を持ち、1993年に世界自然遺産に登録された白神山地でした。そのふもとの藤里町で、閉園した旧米田保育園を借り受け、建物の外見はそのままに内装工事を施行。シンボルともいえる赤い三角屋根に保育園としての面影を残しつつ、本格的な研究所としてのスタートを切っています。また2万7000㎡の敷地を持つファームでは、無農薬・有機肥料により、ヨモギやメリッサ、ミント、マロウ、カモミールなど、45種の植物が栽培されています。四方を山や森林に囲まれているため、飛散農薬の心配もない守られた環境で育てられた植物は、「イグニス」や「インフィオレ」などの化粧品の美容成分として使用されているそうです。

 とかく合理性や目先の利益ばかりが追求されがちな社会風潮の昨今。アルビオンのような大手メーカーであれば、なおのことだと思います。が、基本に立ち返り、改めて"化粧品原料をつくること"から見直そうという姿勢を感じさせられた今回。しかもファームで植物を栽培するのも、収穫してドライルームで乾燥させ、美容成分として活用するための研究をしているのもすべて社員である、という姿勢にも好感が持てます。

 澄んだ空気と水、美しくダイナミックな自然の風景を目の当たりにして、魂まで浄化され清々しい気持ちになった一泊二日のツアー。今現在、美容成分として配合されているものはわずか5種類で、それ以外のものについては、可能性を模索している途中だといいます。私自身も改めて、自然の奥深さと偉大さに触れ、花やハーブの栽培体験を通して、これからの美容の在り方について問い直すことができた貴重な経験でした。これからのアルビオン、「イグニス」や「インフィオレ」が楽しみです!

■商品概要
ヨモギエキス配合の人気アイテム。
・イグニス フレッシュネイチャーウォーター ミスト 80g 2,000円 医薬部外品
・フレッシュネイチャーウォーター マスク 15mL×6枚入り 3,000円(ともに税別)/イグニス

■関連情報
・イグニス 公式HP:www.ignis.jp
・アルビオン 公式HP:www.albion.co.jp
・インフィオレ 公式HP:www.infiore.tokyo
倉田真由美のBeauty Life アーカイブはこちら
(c)marie claire style/photos & text: Mayumi Kurata