【5月25日 marie claire style】ブラジルの緻密さは、時代を通じて異なる作品の中に見られます。

 最近リオデジャネイロのコパカバーナビーチにオープンした「エミリアーノ(Emiliano)」は、ブラジルタッチが感じられるスタイリッシュなデザインホテルです(サンパウロに続きオープンしました)。

 まずこのホテルで感じるのは"愛情"、ブラジル人の優しさに溢れたおもてなしです。宿泊客はとてもパーソナルな方法で歓迎され、それぞれユニークな驚きを体験できます。

 そしてホテルのファサードはコパカバーナの風景を強調するように、開閉式の白い窓がパネル状に並べられ、目の前に広がる素晴らしいビーチが眺望でき、ブラジリアの建築スタイルを連想させます。

 このホテルは1950年代のブラジルへのオマージュでもあり、屋上のインフィニティプールやラグジュアリーなスパ、そして美味しいレストランのすべてが魅力です。レセプションにはブラジルの有名な風景画家でモダンな造園家としても知られるロバート・ブール・マルクス(Roberto Burle Marx)の絵画が飾られています。この絵はホテルのすべての色からインスピレーションを得たという作品で、建築家アーサー・カサス( Arthur Casas)によりデザインされた内装に多く使用されたブラジル産の木や緑の色が、美しく反映されています。

 もう一つ、「エミリアーノ」のためだけに制作された「H.Stern」による作品があります。「The KÖR」という作品で、アートインスタレーションでもあり水のテクノロジーとも呼べるもので、見る人を地球の大地の奥底へ深く潜る感覚へと誘います。ホテル「エミリアーノ」は「H.Stern」と同様、ブラジルの素晴らしいものを世界へ提供し、また世界中の優れたものをブラジルへもたらす場所なのです。

■プロフィール
アリックス・ドゥ・リーニュ(Alix de Ligne
王室の血を引くベルギー貴族の中で最も古く、名声の高い「ドゥ・リーニュ」家に生まれる。称号はPRINCESS(プリンセス)。ベルギーのべルイユ城で育ち、その後、日本、ニューヨークで数ヵ月間、パリで数年間を過ごす。現在は母親の祖国ブラジルのリオデジャネイロを拠点に、ヨーロッパを始め、旅のリズムに合わせて世界中で生活している。ジュエリーへの高い関心から、現在、ブラジル発の国際的なジュエリーブランド「H.Stern」のマーケティングを担当している。

■関連情報
アリックスのblog:アーカイブはこちらから
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style