【4月19日 marie claire style】1977年パリ生まれ。3歳の時に家族で来日し、母親の出身地である兵庫県神戸市へ移住。青山学院大学文学部フランス文学科を卒業後、2000年、フジテレビ子会社の共同テレビと契約し、フジテレビアナウンス室に所属、「プロ野球ニュース」「FNNスーパーニュース」など同系列の番組に数多く出演する。02年から、彼女がブレイクするきっかけとなった「ニュースJAPAN」のキャスターを7年間担当。10~13年、「Mr.サンデー」に出演。08年に日仏交流150年フランス広報大使、09年に環境省・地球いきもの応援団、11年にWWF(世界自然保護基金)ジャパン顧問、12年に世界の医療団親善大使などを務める。

 13年、ブエノスアイレスで開かれたIOCの夏季東京五輪誘致のプレゼンテーションに協力。14年に動物愛護・生物多様性保全を目的に一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」を設立、代表理事に就任。殺処分所から犬や猫を保護する団体を支援。彼女のエレガントなスタイルや生き方がさまざまな業界からも注目され、幅広いジャンルで活躍中。常に未来に向けて前進し続ける、滝川クリステルの素顔に迫る。

 フリーアナウンサー。誰もが知る滝川クリステル(Christel Takigawa)さんの肩書きだが、そのほかにこの人が「動物愛護・生物多様性保全家」として活躍していることをご存じだろうか? 2014年5月、一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」を設立し動物と人間の共存を見直す活動を精力的に行っているのだ。

「人間と動物との関係に関心を持ち始めたのは、10年ほど前。当時、キャスターをしていた番組で犬猫殺処分問題を取り上げたり、個人でずっと発信をしていました。また具体的に何かできることからと、アクセサリーを作り、売り上げの全額を動物保護団体に寄付し、1円単位で寄付の収支報告をブログにアップするなど地道な活動をしていたんですが、細かく作業を進めるなかで、より身近でそれが助けになっていることを実感しました。そこで、さまざまな方のアドバイスもあり、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、財団を立ち上げたいという想いに繋がったんです」