【3月9日 marie claire style】桜の花の塩漬けを使って春らしいオリジナルカクテルをご紹介。粋でお洒落なマティーニと、爽やかで人気のハイボール、どちらも桜の香りと塩気が絶妙なアクセントに。作るポイントを押さえれば、おうちでも手軽にバー気分を楽しめます。

How to Cook 〈調理時間5分〉
. 桜の花の塩漬けは、たっぷりの水を入れたボウルの中で塩を振り落とし、キッチンペーパーで水気を拭いておく。
2. 桜マティーニを作る。大きめのグラスにロックアイス(2個)を入れ、ドライジンとドライベルモットを入れ、5回ほど回して混ぜる(ドライジン3~4: ドライベルモット1)。ロックアイスを除いて小さめのグラスに注ぎ、塩抜きした桜の塩漬けを2つ加える。
3. 桜ハイボールを作る。大きめのグラスにロックアイスを一杯に入れ、ウイスキーを注いで3回ほど回して混ぜる。塩抜きした桜の塩漬けを3つ加え、ソーダを注ぎ、タテに1回混ぜる(ウィスキー1: ソーダ3~4)。

■Point!
事前にお酒とグラスは冷凍庫に入れてしっかり冷やしておく。お使いのグラスに合わせて、各カクテルの割合で分量を調整してください。

■材料 各1杯分
・桜の花の塩漬け・・・5粒
・ロックアイス・・・適量
・ドライジン・・・80mL
・ドライベルモット・・・20mL
・ウイスキー・・・30mL
・ソーダ・・・100mL

■プロフィール
樋口正樹(Masaki Higuchi)/料理研究家
2011年より料理研究家として活動開始。書籍『One Plate DISHES 毎日食べたい、作りたいワンプレートごはん』、『EVERYDAY Sweets 毎日食べたい、作りたいスイーツレシピ100』(ともにグラフィック社刊)など発売中。

■関連情報
樋口正樹 kitchen studio HIGUCCINI公式サイト<外部サイト>
樋口正樹さんのレシピを集めた特集ページはこちら
(c)marie claire style/recipe, photos: Masaki Higuchi