【10月27日 marie claire style】クリエイティブ ディレクター、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)がメゾンのヘリテージバッグに刺激を受けて生まれた“バルセロナ バッグ”のシリーズから、小ぶりなサイズ感が今っぽい、スモールサイズがお目見え。記事全文へ

【10月27日 marie claire style】クリエイティブ ディレクター、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)がメゾンのヘリテージバッグに刺激を受けて生まれた“バルセロナ バッグ”のシリーズから、小ぶりなサイズ感が今っぽい、スモールサイズがお目見え。エレガンスと機能性を兼ね備えた、リアリティのあるデザインで、持ち方も自由自在!「ロエベ(LOEWE)」らしい美しい発色のボックスカーフを使ったバッグは、全6色でラインナップ。

■BARCELONA BAG/ロエベの叡智が集結したレザーバッグ

 1980年代に初めて発表された“バルセロナ バッグ”は、ロエベを代表するアイコンバッグの一つ。当初使われたエングレーブドボックスカーフレザーは、スペインが生んだ偉大な建築家、ガウディの作品であるモザイクタイルが着想源の一つ。偽造品を防ぐため、タイルの表面の凹凸をレザーのシボ感として落とし込み、ロエベ独自のレザーを生み出した。そして、94年春夏には“カプリッチョバッグ”が“バルセロナ コレクション”に仲間入り。このバッグは、日本でもベストセラーとなり、現在の“バルセロナ バッグ”の特徴的な三角形のメタルクロージャーのヒントにもなっている。

■1点で4WAYの持ち方が楽しめる!

・Shoulder Bag/2重ショルダーにすれば 仕事のシーンにもぴったり

 ストラップを2重にすれば、肩にほどよく収まるショルダーバッグに。 オフのシーンだけでなく、仕事でも使えるきちんとした印象を演出。

・Clutch Bag /ドレスアップに合わせたいクラッチバッグ仕様

 ストラップを外せば、エレガントなクラッチバッグに早変わり。コンパクトなサイズだから、パーティなどの華やかな席にもぴったり。

・Cross-Body Bag /クロスボディで 旅にお買い物に大活躍

 レザーのストラップを最長まで伸ばして、クロスボディバッグとして使用するのが、まさに旬の気分。カジュアルなスタイルにも最適。

・Hand Bag /ワンハンドル風にまとめて クラシカルな表情に

 レザーストラップを短くまとめれば、クラシカルなワンハンドル風のバッグに変身。小さなサイズ感と相まって、エレガントさが引き立つ。

■お問合わせ先
ロエベジャパン カスタマーサービス/03-6215-6116

■関連情報
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/photos: Ogata(model)、Asa Sato(still)、hair: Koji Ichikawa〈SEPT〉、make-up: Ken Nakano、text: Tomoko Kawakami

関連写真