【9月28日 marie claire style】しっとり美味しいロースハムに、ひと手間を加えた果物を組み合わせたオープンサンド。秋色を感じるトーンにまとめました。爽やかで過ごしやすい季節、ベランダでワインと一緒にぜひどうぞ。

■How to Cook 〈調理時間20分〉
1. 巨峰は皮付きのままトースターで15分ほど焼く。無花果は半分に切り、断面を上にしてグラニュー糖をまぶし、ハンドバーナーで表面をキャラメリゼする。ピスタチオは殻を剥き粗めに刻む。
2. カンパーニュはグリルパンで焼き、片面を焦げ目を軽く付ける。ディジョンマスタードを塗り、ロースハムを2枚ずつ折り重ね、クリームチーズと巨峰をのせ、ピスタチオをふり、無花果をのせ、黒胡椒をかける。

■Point!
巨峰と無花果にひと手間を加えて甘みを増したところを、仕上げの黒胡椒でスパイシーさを足すことでそれぞれの旨味を引き出し、絶妙な全体のバランスを成立させます。

■材料2人分
・カンパーニュ(スライス)・・・2枚
・ロースハム・・・4枚
・巨峰(種無し)・・・4粒
・無花果・・・1個
・ピスタチオ・・・6粒
・クリームチーズ・・・40g
・グラニュー糖・・・小さじ2
・黒胡椒・・・少々
・ディジョンマスタード・・・少々

■プロフィール
樋口正樹(Masaki Higuchi)/料理研究家
2011年より料理研究家として活動開始。書籍『One Plate DISHES 毎日食べたい、作りたいワンプレートごはん』、『EVERYDAY Sweets 毎日食べたい、作りたいスイーツレシピ100』(ともにグラフィック社刊)など発売中。

【関連情報】
樋口正樹さんのレシピを集めた特集ページはこちら
樋口正樹 kitchen studio HIGUCCINI公式サイト<外部サイト>
【無料ダウンロードmarie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/recipe, photos: Masaki Higuchi