【1月15日 marie claire style】ホテルの中にあるサロンの魅力は、非日常のゴージャスなひとときが味わえること。リゾートに行ったかのような錯覚になることで、心身がリラックスするという、転地療法と同じような効果が得られます。その一方、こぢんまりとしたサロンの魅力は、友達の家に行くような感覚で気軽に、あるいは疲れ果てた姿のまま(苦笑)、臆することなく駆け込めるところでしょうか?どちらにもそれぞれの魅力があり、そのときの状況や気分により使い分けるのもいいと思います。

 大阪に本店を持つ『The Day Spa(ザデイスパ)』の東京店として昨年オープンした『The Day Spa東京』は、間違いなく、こぢんまりとした“隠れ家”系 のサロン。青山通りから少し入った小道は、このあたりに住んでいる人かオフィスを持つ人しか入ってこないような、のどかな雰囲気。オシャレなアウトテリアの建物なので、すぐにわかりますが、あれ、入り口はどこ?というくらい、本当にお家みたい。誰とも顔を合わせないから、ノーメイクのままカジュアルに行かれるのもいいですね。玄関で靴を脱いで入ったら、居間のような空間でハーブティーをいただきながらカウンセリング。トリートメントに使うエッセンシャルオイルの香りを嗅いで選んだりしているだけで、もうすぐにくつろげてしまいます。トリートメントを受けたお部屋も温かみのある雰囲気です。

 この日、私は、体のエナジーラインに沿って温めたオイルを垂らし、ゆっくりとしたロング・スムース・ストロークによって心身のバランスを整える「バランシング ボディ」(60分 12,000円+税)をお願いしました。ベッドもあらかじめ温かくしてあり、セラピストの手がやさしく、温めたストーンの程よい重さが、体の芯をゆるめていくような感覚・・・。横たわってすぐに、すぐに記憶を失うほどの心地よさに満たされました。

『The Day Spa』の特徴は、セラピストの“Touch”を大切にしているところです。あるときは少しパワフルに、あるときはやさしく包み込むように、その“Touch”は、まるで手で私たちの肌と体、心に話しかけるように働き、癒したりエネルギーをもたらしたり。現代人が失いやすいウエルネスバランスを整えてくれます。年末年始の慌ただしさで、疲れ気味だった私には、この『The Day Spa東京』のアットホームなこぢんまり感、人肌のぬくもりが嬉しくて。これぞ、隠れ家サロンの極み!アーユルヴェーダの施術を取り入れたメニューやフェイシャルもおすすめです。

■店舗概要
The Day Spa東京
東京都港区北青山3-2-7 青山TDSビル2F
http://www.thedayspa.jp/tdstokyo.html

■関連情報
倉田真由美のBeauty Life アーカイブはこちら
(c)marie claire style/photos & text: Mayumi Kurata