【6月25日 marie claire style】時代を超えたスタイリッシュな個性で、60年代のデビューから現在もなお人々の心を惹き付けてやまないミュージシャン、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)。音楽以外にも、映画など多彩な分野で活躍し、彼が与えた影響はファッションからアート、文学まで幅広い。現在は、回顧展「デヴィッド・ボウイ・イズ」が世界各国を巡回。68歳を迎え、なお進化し続けるスーパースター、デヴィッド・ボウイの素顔に迫る。

 世界の音楽史上、もっとも洗練されたミュージシャンの1位に選ばれたことがあるデヴィッド・ボウイは、時代を超えたスタイリッシュな個性で、今もなお人々の心を惹き付けてやまない。額にばらっと落ちた前髪の間からのぞく目は、左右の色が違うというミステリアスな容貌をしていて、四十数年のキャリアを経た今もその魅力に衰えがないのだから、それだけでも現実離れしていて、伝説の男といってもいいだろう。

 メディアにあまり登場しなかった時期もあったが、2013年になると、10年振りに「ザ・ネクスト・デイ(The Next Day)」というアルバムをリリースして、カムバックを果たした。相変わらず抜群の冴えたセンスも健在で、そのミュージックビデオには、マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)やティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)といった、今もっとも旬な女優たちを起用し、華やかな音楽シーンの王道に堂々と返り咲いている。

 その人気はパリでも絶大で、今年1月にオープンしたばかりの話題の音楽ホール「フィルハーモニー・ドゥ・パリ」で開催された回顧展「デヴィッド・ボウイ・イズ」は、場所の新しさもあってか、100日間で45万人の入場者数だった。この展覧会は2年前にロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館(Victoria and Albert Museum、V&A)でスタートしたもので、その後サンパウロ、シカゴ、ベルリンを回ってから、パリで開催された。世界的に名声の高いボブ・ディラン(Bob Dylan)やジョン・レノン(John Lennon)でさえ、これ程大規模な展覧会は開いていないので、ボウイは例外といえる。

「最初はこんなに大掛かりな展覧会になるとは、僕も思ってもいなかったよ。70年代から、ずっと保管していたものを並べていったら、自然に展覧会の形になっていったのさ。だが展覧会の主役が音楽であることは、忘れないでほしいな」