「ウルヴァリン」新作でTAOがヒロインを熱演!女優として新たなステップ

2013年09月11日 15:19 発信地:

TAO(タオ)(c)TAO

関連写真 1/2

前へ (全11枚) 次へ
  • 「ウルヴァリン」新作でTAOがヒロインを熱演!女優として新たなステップ
  • 「ウルヴァリン」新作でTAOがヒロインを熱演!女優として新たなステップ
  • 「ウルヴァリン」新作でTAOがヒロインを熱演!女優として新たなステップ
  • 「ウルヴァリン」新作でTAOがヒロインを熱演!女優として新たなステップ
  • 「ウルヴァリン」新作でTAOがヒロインを熱演!女優として新たなステップ

【9月12日 marie claire style】人気アクションシリーズ「ウルヴァリン」の最新作『ウルヴァリン:SAMURAI(The Wolverine)』が、9月13日より全国公開される。俳優ヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)演じる孤高のヒーロー〝ウルヴァリン〞が日本を舞台に死闘を繰り広げる本作は、すでにアメリカをはじめとする世界各国で初登場1位を獲得。ハリウッドから来日した撮影チームが、東京や広島で本格ロケを敢行したことでも話題になっている。

 全世界のファンが待ち望んだ本作でヒロイン〝マリコ〞役を射止めたのは、日本を代表するモデルのTAO。女優初挑戦でハリウッドデビュー、しかも相手は『レ・ミゼラブル(Les Miserables)』での熱演も記憶に新しい名優だ。しかし「実は、これまで一度も女優になりたいと思ったことがありませんでした」とTAO。今回のオファーも最初は断る予定だったが「以前からファンだったヒューの相手役と聞き、とても不純な動機で受けました」と笑う。

 オーディション会場でジェームズ・マンゴールド(James Mangold)監督と対話を重ねるなかで、演技の面白さに目覚めた。「ヒューと読み合わせをしたり、監督と役柄に対する自分なりの解釈を話し合ったり、新たな刺激に満ちていて。演技ってなんて奥が深いんだろう、もっと極めたいと思うようになりました」。世界各地でのハードな撮影は約5ヵ月間にも及んだ。「最初は不安と緊張でいっぱいでしたが、撮影が始まると自分でも驚くぐらい演技にのめりこんでしまいました。経験ゼロの私にとって、監督はすべてを教えてくれた師匠。現場でも、いつも『君はどう思う? どうしたい?』と私の意見に真剣に耳を傾けてくれました」と振り返る。自らが演じる〝マリコ〞については「心に葛藤を抱えた、屈折したヒロイン。自らの運命と一緒に歩んでいくのか、反抗してみるのか──この物語は、ウルヴァリンの冒険であると同時に、彼女の成長のストーリーでもあるんです」と語る。そんな彼女の演技を、監督も「TAOに会って初めてキャラクターが意味を持った」と絶賛。

 今後も、世界を舞台に挑戦を続けていく。「以前は死ぬまでモデル一筋でと思っていたけれど、表現を追求するという点ではどちらも同じ。女優が、モデルが、というよりもTAOとして何が求められているのか、何ができるのかを深く極めていきたい。面白さと同時に難しさも痛感していますが、今回の経験を活かし何事も恐れずに進んでいきたいです」ときっぱりと語る姿は〝ウルヴァリン〞との出会いにより新たに歩み出す〝マリコ〞と重なって見えた。

■プロフィール
タオ(TAO
14歳でモデルデビュー。世界のトップメゾンのランウェイショーや広告キャンペーン、雑誌のカバーを務め、2009年にはファッション・エディターズ・クラブのモデル・オブ・ザ・イヤーに輝いた。現在はニューヨークを拠点に、モデル・女優として活動。
(c)marie claire style

【関連情報】
『ウルヴァリン:SAMURAI』 公式サイト<外部サイト>
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

マリ・クレール ピックアップ

  • ステディ・ブランドの新作ウォッチをチェック ステディ・ブランドの新作ウォッチをチェック
  •  「グッチ」新作バッグ 伊勢丹新宿店で先行発売 「グッチ」新作バッグ 伊勢丹新宿店で先行発売
  • 「ジョー マローン ロンドン」限定コロンが登場 「ジョー マローン ロンドン」限定コロンが登場
  • 手紙にインスパイア 「ヴーヴ・クリコ」限定ボックス 手紙にインスパイア 「ヴーヴ・クリコ」限定ボックス
  • 遊び心満載!「ロジェ ヴィヴィエ」新ウェブサイト 遊び心満載!「ロジェ ヴィヴィエ」新ウェブサイト
  • 「オーデマ ピゲ」銀座ブティックがオープン 「オーデマ ピゲ」銀座ブティックがオープン
  • 紙面連動スペシャルコンテンツ

マリ・クレールおすすめ

マリ・クレールランキング