【12月7日 AFP】11月に米ニューヨークで競売に掛けられ、美術品としては史上最高額となる4億5030万ドルで落札された、イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチ作とされる約500年前の絵画「サルバトール・ムンディ」が、アラブ首長国連邦の「ルーブル・アブダビ」美術館に所蔵されることになった。