スウェーデンの首都ストックホルムでベンチに座るカップル(2009年6月7日撮影、資料写真)。(c)AFP/OLIVIER MORIN

「勤務中にセックス休憩を」市議が提案 スウェーデン

2017/02/22 14:40(ストックホルム/スウェーデン) 【2月22日 AFP】スウェーデン国民は勤務中に自宅に戻ってパートナーと性交渉するために1時間の有給の休憩を取るべきだ──同国の地方議会議員が21日、こんな提案を議会に提出した。人間関係の向上がその狙いだという。

 スウェーデン北部オーベルトーネオ(Overtornea)市のペルエリック・ムスコス(Per-Erik Muskos)市議(42)は、提案書を提出した後にAFPの取材に応じ、「性交渉が健康に良いことを示す研究結果がある」と語った。

 現代社会ではカップルが一緒に過ごす時間が不十分だとムスコス氏は主張し、今回の提案はカップルが「より良い関係を築く」ためのものだと説明した。

 ムスコス氏はまた、従業員が休憩時間をパートナーや配偶者と過ごすこと以外に使っていないかどうかを確かめる手段はないため、雇用主は彼らを信頼する必要があると指摘。その上で、今回の提案が議会を通過しない「理由は見当たらない」と述べた。

 フランスの経済観測センター(Coe-Rexecode)の調査によると、スウェーデンの常勤者の2015年の年間平均労働時間は1685時間で、欧州ではフィンランド、フランスに次いで少ない。英国は1900時間、ドイツは1847時間となっている。(c)AFP

社会の最新記事

メキシコに大型テーマパーク建設、ライバルは米ディズニー

09/19 18:57社会
Outbrain

AFPBB News トップストーリー

ハリケーン「マリア」上陸のドミニカ、首相が「あらゆる支援」を要請

09/19 17:26災害

英国人男性が自転車で「79日間世界一周」、世界記録奪還

09/19 11:28ライフ

北朝鮮が警告 「極悪非道」な制裁は核開発の加速招く

09/19 04:45政治

ビヨンセのアルバムからパンクバンドのシャウト 工場ミスで珍盤

09/19 12:59音楽

大坂にリベンジのケルバー「ナオミは必ず成功する」、東レPPO

09/19 09:22WTA