シルバーバックゴリラ。メキシコ・メキシコ市の動物園で(2014年1月9日撮影)。(c)AFP/OMAR TORRES

霊長類の60%が絶滅の危機に 研究

2017/01/20 12:05(ワシントンD.C./米国) 【1月20日 AFP】ゴリラやテナガザルといった生物学的にヒトに最も近い霊長類の約60%が、主に人間の活動が原因で絶滅の脅威にさらされている。研究論文が18日、発表された。

 米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に掲載された論文で、共同執筆者で米イリノイ大学(University of Illinois)のポール・ガーバー(Paul Garber)教授(人類学)は、霊長類の約60%が絶滅の脅威にさらされており、約75%が個体数減少に直面していると述べた。

 論文によると、ワオキツネザル、ウズングワアカコロブスサル、ウンナンシシバナザル、グラウアーゴリラなどは、その個体数が数千のみとされており、また中国に生息するカイナンテナガザルに至っては、30匹を下回っているという。

 全霊長類の3分の2は、ブラジル、コンゴ民主共和国、インドネシアとマダガスカルのわずか4か国に生息している。個体数の減少を招いているのは、狩猟や違法ペット取引、森林伐採、道路建設、採鉱、耕作といった人間の活動だ。

 ガーバー教授は、「これらの霊長類は、中国、マダガスカル、インドネシア、タンザニア、コンゴ民主共和国といった国の森のなかで必死に生きようとしている」「悲しいことに、これら霊長類種の保護を世界の優先課題としなければ、今後25年間に多くが消滅するだろう」と指摘している。(c)AFP

環境 の最新記事

50センチの巨大巻き貝、グレートバリアリーフを救えるか

09/19 15:10環境
Outbrain

AFPBB News トップストーリー

メキシコ大地震、小学校倒壊で子ども21人死亡 死者計216人に

09/20 17:12災害

大型ハリケーン「マリア」、米領バージン諸島とプエルトリコに接近

09/20 15:31災害

トランプ氏、北朝鮮の「完全破壊」警告 国連総会で初演説

09/20 05:50政治

恐怖と涙の中で懸命の救助活動 メキシコ地震

09/20 11:27災害

ボクシングで「ベルトを目指す」ファーディナンド氏、関係者は「世間知らず」と批判

09/20 16:08プレミアリーグ(英国)