【10月24日 AFP】1970年代にフランス・パリを旅行中に芸術のとりこになった米テキサス州出身の夫婦が、それ以来収集してきた数百点の芸術作品をパリの美術館に寄贈することを決めた。