仏南部アルルにあるアルル・ビンセント・ファン・ゴッホ財団美術館に展示されているゴッホの自画像(2016年5月13日撮影、資料写真)。(c)AFP/BERTRAND LANGLOIS

ゴッホは「おそらく」そううつ病か境界性障害、自殺には複数の要因 研究者

2016/09/17 14:26(ハーグ/オランダ)

【9月17日 AFP】オランダのポスト印象派の画家ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)は双極性障害(そううつ病)もしくは境界性人格障害を患っていた可能性があるが、自らの耳を切り落とし、自殺を図ったのはさまざまな要因が重なった結果とみられる──。

全文を読む

文化・芸術の最新記事

【BASEL2018】サイエンスフィクションが題材、シュワルツ・エチエンヌ新作

05/23 12:00文化・芸術
Outbrain

AFPBB News トップストーリー

北朝鮮の核実験場廃棄、韓国メディアにも立ち会い許可

05/23 12:54政治

滑走路外れた航空機が大破、6人負傷 ホンジュラス

05/23 17:18事故

ヘンリー英王子夫妻、挙式後初の公務

05/23 04:25ライフ

1774年産の黄ワイン3本、フランスで競売へ 「世界最古」

05/23 11:50ライフ

東京五輪のサーフィンは「海」開催、人工波プールは非採用に

05/23 10:15ヨット・サーフィン