ドイツ南部ガーヒンク(Garching)で、ミュンヘン(Munich)市内のアパートから見つかったナチス・ドイツ(Nazi)の略奪絵画1500点近くが保管されている税関(2013年11月3日撮影)。(c)AFP/DPA/ANDREAS GEBERT

ナチス略奪絵画「手離す気ない」と部屋の主、政府が返還交渉か

2013/11/18 16:10(ベルリン/ドイツ)

【11月18日 AFP】ドイツ南部ミュンヘン(Munich)にあるアパートの1室からナチス・ドイツ(Nazi)がユダヤ人らから略奪したとされる絵画1400点以上が見つかった問題で、部屋の所有者のコルネリウス・グルリット(Cornelius Gurlitt)氏(80)はドイツ誌とのインタビューで、何の抵抗もせず自主的に絵を手離す気はないと断言した。

全文を読む

事件の最新記事

ミニバス運転手一行に襲撃、11人死亡 南ア

07/23 09:10事件
Outbrain

AFPBB News トップストーリー

アフガン空港で自爆、14人死亡60人負傷 副大統領の帰国狙う?

07/23 05:29事件

インドネシアで大麻密輸図り18年服役、仏人男性が帰途に

07/23 08:15事件

一人っ子政策廃止で不妊治療ブーム、海外に渡る中国人夫婦

07/22 09:00ライフ

【AFP記者コラム】ある場所からの報道

07/17 08:20戦争・紛争

【特集】AFPのベストショット:7月7~13日

07/18 23:52ライフ