ドイツ南部ガーヒンク(Garching)で、ミュンヘン(Munich)市内のアパートから見つかったナチス・ドイツ(Nazi)の略奪絵画1500点近くが保管されている税関(2013年11月3日撮影)。(c)AFP/DPA/ANDREAS GEBERT

ナチス略奪絵画「手離す気ない」と部屋の主、政府が返還交渉か

2013/11/18 16:10(ベルリン/ドイツ)

【11月18日 AFP】ドイツ南部ミュンヘン(Munich)にあるアパートの1室からナチス・ドイツ(Nazi)がユダヤ人らから略奪したとされる絵画1400点以上が見つかった問題で、部屋の所有者のコルネリウス・グルリット(Cornelius Gurlitt)氏(80)はドイツ誌とのインタビューで、何の抵抗もせず自主的に絵を手離す気はないと断言した。これにより、問題の早期解決は難しくなった。全文を読む

事件の最新記事

アフガン首都ホテル襲撃、死者22人に 内通者居た恐れも

01/22 18:33事件
Outbrain

AFPBB News トップストーリー

米議会、つなぎ予算案を可決 政府閉鎖3日で解除へ

01/23 08:39政治

シリア政府軍、化学兵器使用か 反体制派地域で21人被害

01/23 05:46戦争・紛争

ペンス米副大統領、大使館のエルサレム移転「来年末までに」と表明

01/22 22:43政治

英女王の孫娘が婚約 今年2組目のロイヤルウエディング

01/23 04:43ライフ

韓国の21歳チョン「夢かなった」 憧れのジョコビッチ破り全豪8強

01/23 09:03ATP