トップ > ライフ > ヘルス

体外受精で26人に別人の精子使用か オランダ、半数が既に妊娠・出産

2016年12月28日 12:03 発信地:ハーグ/オランダ

このニュースをシェア

体外受精で26人に別人の精子使用か オランダ、半数が既に妊娠・出産
フランス西部の病院で生まれた新生児(2013年10月25日撮影、資料写真)。(c)AFP/JEAN-SEBASTIEN EVRARD

【12月28日 AFP】オランダ中部ユトレヒト(Utrecht)の医療機関で、体外受精(IVF)を行った最大26人の女性に対して、父親になるはずの男性とは別人の精子細胞が使用された恐れがあることが分かった。これらの女性の半数は既に妊娠または出産しているといい、調査が行われている。

 ユトレヒトのユニバーシティ・メディカル・センター(University Medical Centre)は27日に発表した声明で、2015年4月中旬から2016年11月中旬までに行われた体外受精で「手続き上の誤り」があったと明らかにした。

 あるカップルが用いた精子細胞が他の26組のカップルにも使われた疑いがあり、父親になるはずの人の精子細胞とは別の精子細胞が卵子細胞と体外受精させられた可能性があるという。

 同センターは取り違えが起きた可能性は小さいとしながらも、可能性は「排除できない」としている。

 体外受精を行ったカップルには取り違えの可能性が伝えられている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>