【12月19日 AFP】クリスマスツリーのきらきらした装飾かと思いきや、毒ヘビのうろこだった──。オーストラリア・メルボルン(Melbourne)の民家で18日、室内に飾られたクリスマスツリーに猛毒のヘビ、タイガースネークが巻きついているのが見つかる騒ぎがあった。

 この招かれざる客を発見した住民の女性は、しかし、冷静さを失わなかった。ヘビの捕獲業者を呼び、到着するまで紅茶を入れて待っていたという。

 ヘビを捕獲したバリー・ゴールドスミス(Barry Goldsmith)氏は19日、タイガースネークについて「かまれれば致命的だが、人が手を出さない限りは襲ってこない」と説明し、発見者の女性の対応を「とても賢明だった」と評した。ヘビはドアが開いている間に家の中に入り込んだ可能性が高いという。

 ゴールドスミス氏によれば、女性は「まったく慌てず、写真を撮ってヘビ捕獲業者に送った」という。「20分後に私が到着し、ヘビを捕まえてバッグの中に入れた」と同氏はAFPの取材に語った。

 オーストラリアには世界でも特に猛毒といわれるヘビ25種のうち20種が生息している。このうちタイガースネークは沿岸地域でよく見られ、体長は最大2.9メートルにも達する。(c)AFP