トップ > ライフ > ヘルス

米黒人の鎮痛治療「格差」、誤解が原因か 研究

2016年4月6日 16:54 発信地:マイアミ/米国

このニュースをシェア

米黒人の鎮痛治療「格差」、誤解が原因か 研究
歯科医で治療を受ける女性。米カリフォルニア州ロサンゼルスで(2010年4月7日撮影、資料写真)。(c)AFP/Getty Images/David McNew

【4月6日 AFP】米国の白人医学生の半数が、アフリカ系米国人の生物学的特徴に関して誤った考えを抱いていることを示唆する研究結果が発表された。黒人に対する鎮痛治療が常態的に不十分である理由は、こうした誤解によって説明がつく可能性があるという。

 米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された今回の研究は、米バージニア大学(University of Virginia)やその他の米国内の医学生、研修医として知られる1年目の医師の計222人を対象とした実験と調査に基づくものだ。

 実験では、車のドアに手を挟んだなどの複数のシナリオを経験した黒人患者と白人患者に関する2件の模擬症例を被験者に読ませ、痛みを1~10点の10段階で評価させた。

 さらに被験者には、黒人と白人との生物学的な違いに関するアンケートに回答させた。アンケートの質問には、「黒人の神経終末は、白人より感度が低い」や「黒人の血液が凝固する速度は、白人より速い」といった誤った記述の他、黒人は白人に比べて免疫系が強い、皮膚がより厚い、「繁殖能力が著しく高い」などの誤った記述も含まれていた。

 その一方で、黒人は白人に比べて骨の密度と強度が高い、心臓病を発症しやすい、脊髄疾患の罹患(りかん)率が低いなどの事実を反映した正確な内容の記述もあった。

 結果、被験者は平均して、誤った考えの12%近くを「正しい」と回答した。

 米バージニア大学(University of Virginia)心理学部のケリー・ホフマン(Kelly Hoffman)氏が主導した今回の研究によると「被験者の約50%が、誤った考えの質問項目の少なくとも1つで、『恐らく正しい』、『十中八九正しい』、『間違いなく正しい』のどれかと回答した」という。

「今回のサンプル(医学生と研修医)を考えると、誤った考えを支持した被験者の割合は驚くほど高い」(ホフマン氏)

 これまでの研究で、黒人患者は白人患者に比べて、鎮痛剤投与の割合が低いことが判明している。また投与される場合でも、その分量は、白人患者に配分されるよりはるかに少ないことが多い。

 今回の研究では、弊害をもたらし得る医療の格差に関して、人種間の偏見がその原因の一端となっているとの考えを支持する証拠が提供されたかたちだ。

 論文は「われわれの知る限り、医療関係者(少なくとも何らかの医学的な訓練を受けた学生と研修医)が、このような考え方を現代においても支持していることを実証したのは、今回の研究が初めて」と指摘している。

 また、「今回の研究が実証しているのは、黒人と白人との生物学的差異に関する、奴隷制の時代にさかのぼる考えが、黒人は白人より痛覚が鈍いという認識や、黒人患者の痛みに対して提案される治療の不十分さに関連していることだ」と説明した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>