【2月1日 Xinhua News】トランプ米大統領は現地時間1月31日、ホワイトハウスの大統領執務室で、中米経済・貿易問題についての新たなハイレベル協議のため訪米している劉鶴(Liu He)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表と会見した。

 劉鶴氏は次のように表明した。中米双方の経済・貿易代表団は一貫して、両国指導者がアルゼンチンで合意した重要な共通認識を実行に移すことを急いできた。今回の協議期間中、双方は貿易均衡、技術移転、知的財産権保護、実施メカニズムなど共に関心を寄せる議題や中国側が関心を持つ問題について率直で具体的、建設的な議論を行い、重要な進展を得た。次の段階の協議のために基礎を築いた。双方は引き続き緊密なコミュニケーションを保持し、相互尊重と平等互恵を踏まえ、できるだけ早く両国と両国民の利益に合致する経済・貿易協議での合意を実現するよう努める。

 トランプ氏は次のように表明した。私は習近平(Xi Jinping)主席との良好な関係を非常に大切にしており、米中関係はわれわれの共同リードの下でより強固で力強いものになり、前進を続けていく。今回の米中経済・貿易協議では大きな進展が得られた。私は双方ができるだけ早く偉大な合意に達することを希望しており、これはわれわれ二つの国と世界にとって非常に大きな意義を持つ。ライトハイザー通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官は2月中旬に経済・貿易チームを率いて訪中し、中国と協議を続ける。習近平主席と早期に会談できるよう期待している。(c)Xinhua News/AFPBB News