【1月24日 AFP】(更新)日清食品(Nissin)は24日、女子テニスプレイヤーの大坂なおみ(Naomi Osaka)選手(21)がアニメのキャラクターとして登場する同社のコマーシャル動画を公開停止したと発表した。動画をめぐっては、日本人の母親とハイチ生まれで米国育ちの父親を持つ大坂選手の肌の色が実際より白く描かれていると批判が上がっていた。

 動画には大坂選手と男子テニスの錦織圭(Kei Nishikori)選手がアニメのキャラクターとして描かれていたが、日清食品の岡林大祐(Daisuke Okabayashi)氏は、いわゆるホワイトウォッシング(白人のように描くこと)のような意図はなかったと釈明し、今後は広告活動において多様性についてより注意を払っていくと述べた。

 ソーシャルメディア上では動画をめぐって議論が沸き起こり、大坂選手のアイデンティティーが一切無視されているとの指摘のほか、明らかなホワイトウォッシングだとの批判も寄せられた。

 一方でアニメでは肌の色を薄く描くことがよくあるとの指摘も上がっており、錦織選手のキャラクターも肌が実際より白く描かれ、目や鼻もアニメ風に描かれているとして動画を擁護する人もいた。

 これについて大坂選手本人が同日、オーストラリアのメルボルンで開かれている全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2019)女子シングルス準決勝後のインタビューで、「日清に話をし、謝罪を受けた」と明かした。

 さらに、日清側に「ホワイトウォッシングのような意図があったとは思わない」としながらも、「また自分のキャラクターを描いてくれることがあれば、私に話してほしいとは思う」と語った。(c)AFP