【1月19日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump )米大統領が自身の弁護士に対し、ロシアでの高層ビル建設計画について議会で虚偽の証言をするよう指示していたとの衝撃的疑惑が報じられたことを受け、野党・民主党は18日、大統領が重罪を犯したかどうかを調査すると約束した。

 米ネットメディア「バズフィード(BuzzFeed)」の報道によると、トランプ大統領の元弁護士マイケル・コーエン(Michael Cohen)氏は捜査当局に対し、2017年に上下両院の情報特別委員会に対しモスクワでのトランプタワー(Trump Tower )建設計画について偽証するようトランプ氏から直接指示されたと供述した。

 米ホワイトハウス(White House)はバズフィードの信頼性を疑問視するとともに、コーエン氏は過去にうそを繰り返していたと非難して疑惑の払拭(ふっしょく)に努めたが、疑惑そのものには直接言及しなかった。コーエン氏は昨年、詐欺と偽証の罪で有罪判決を言い渡されており、トランプ大統領は「刑期を減らすためにうそをついている!」と主張した。

  バズフィードの報道は、この件の捜査に関わる匿名の連邦捜査当局者2人への取材に基づいている。報道が事実であれば、大統領の行為は重罪の偽証教唆罪に相当し、弾劾可能な犯罪となる。疑惑は他のメディアにより確認されていないが、民主党は深刻に受け止めている。

 米下院情報特別委員会(House Intelligence Committee)委員長のアダム・シフ(Adam Schiff)議員は、「米大統領が捜査打ち切りや、ロシアとのビジネス関係の隠蔽(いんぺい)のために当委員会での偽証を教唆したとの疑いは、これまで浮上した疑惑の中で最も深刻なものの一つだ」と話し、「これが事実であるかを明らかにするため、われわれは必要なことを行う」と表明した。

 民主党のジェフ・マークリー(Jeff Merkley)上院議員はツイッター(Twitter)に、報道が事実と確認された場合、「トランプ氏は重罪を犯したことになり。辞任するか、弾劾されなければならない」と書き込んだ。(c)AFP