【1月12日 AFP】ダカールラリー(Dakar Rally 2019)は11日、第5ステージが行われ、四輪部門では世界ラリー選手権(World Rally Championship)9連覇の実績を誇るPHスポーツ(PH Sport)のセバスチャン・ローブ(Sebastien Loeb、フランス)が今大会2度目のステージ優勝を飾った。

 714キロメートルの長距離を走る今ステージで、ローブは2度のダカール制覇を誇り今大会でも総合トップを維持しているトヨタ(Toyota)のナセル・アルアティア(Nasser Al-Attiyah、カタール)に10分以上の差をつけて2位に、そしてミニ(MINI)のホアン・ナニ・ロマ(Joan Nani Roma、スペイン)を24分4秒差の3位に抑えた。

 二輪部門では、KTMのサム・サンダーランド(Sam Sunderland、英国)が繰り上げで優勝を飾った。最初にフィニッシュラインを通過したのはヤマハ(Yamaha)のハビエル・デ・ソルトレート(Xavier de Soultrait、フランス)だったが、サンダーランドは155キロメートル付近で落車して頭部を負傷したホンダ(Honda)のパウロ・ゴンサルベス(Paulo Goncalves、ポルトガル)を救助してタイムを10分以上をロスし、トップから7分29秒遅れの14位でゴールしていた。

 しかしながら、大会スチュワードはサンダーランドがゴンサルベスの横にいた10分を差し引き、サンダーランドはソルトレートに3分23秒差をつけてステージ勝者に繰り上がった。(c)AFP