【1月10日 Xinhua News】中国江蘇省南京市の明故宮遺址公園で5日、春節(旧正月)を前に南京明故宮観光正月用品展(2019南京明故宮旅游年貨展)が開催された。会場には全国各地のグルメが集まり、伝統工芸品や民俗製品なども展示された。

 同イベントは9年連続で開催されている。さまざまな正月用品がそろうだけでなく、質の良い物を低価格で購入できることもあり、南京市民にとって正月用品を選ぶ定番スポットとなっている。

 南京市民 楊鳳英(Yang Fengying)さん、徐旺紅(Xu Wanghong)さん夫婦

 煙台のドライフルーツと甘粛のキウイフルーツ、それにロシアのパンを買いました。品物も良く価格も手頃でお買い得です。3人家族の我が家では年越しに如皐(Rugao)の大根も食べますが、酸味と辛みが利いていてとてもおいしいです。トルコのイチジクや新疆の干し柿なども試食しましたがとてもおいしかったです。ここはとても充実しています。(c)Xinhua News/AFPBB News