【1月7日 AFP】ネパールにあるバルディア国立公園(Bardia National Park)のジャングルに設置した隠しカメラで撮影された映像を次々と確認する地元住民のチャヤン・クマル・チョーダリー(Chayan Kumar Chaudhary)さん(25)。捜しているのは、お気に入りのトラ──カメラに寄るのが好きな「セルフィータイガー」だ。

 一時期、絶滅寸前にまで追いやられていたネパールのトラだが、その生息数は増加傾向にある。9年にわたる保護活動が実を結び、2009年に121頭だった野生のトラは、現在、成体だけで推定235頭と2倍近くとなった。バルディア国立公園に限っては、その個体数は5倍近くまで復活している。

 2017年11月に始まった新たな調査では、五つの国立公園を擁するネパール南部の低地を区分けし、トラの活動を記録する特殊カメラ3200台以上が設置された。これらのカメラは、自然保護活動家らが野生のトラの生息数を追跡する助けとなっており、2018年3月までに撮影された写真は4000枚を超えた。

 徹底した調査の最前線に立つのは、チョーダリーさんのように訓練を受けた地元住民たちだ。チョーダリーさんはジャングルの茂みの中に隠されたカメラの撮影画像をチェックし、公園内を移動するトラの動きを追い、記録している。

 自然保護活動家らはネパールでのトラ生息数増加の成果について、密猟すれば大金を得ることも可能な地元住民を保護活動家として巻き込んだ戦術のおかげだと指摘する。

 写真にはさまざまなトラの生態が捉えられている。1頭だけで移動するトラ、じゃれつく子どもを従えた母トラ、時に新鮮な獲物に食らいつくトラの姿もある。チョーダリーさんのお気に入りは、レンズの前で毛繕いしているトラの写真だ。

 こうして撮影された写真をほぼすべて分析したというネパール野生動物・国立公園局のマン・バハドゥール・カドカ(Man Bahadur Khadka)局長は、「トラのしま模様は、人の指紋のように、一頭として同じものがないことが分かった」と話している。