【12月18日 AFP】インド北部ジャム・カシミール(Jammu and Kashmir)州で、3歳の男児が自宅からヒョウに連れ去られ、後に頭部のない遺体となって発見された。野生生物管理当局が明らかにした。男児の遺体は18日、両親に引き渡されたという。

 当局者らによると、男児は母親と共に自宅の台所に居たところ、ヒョウが屋内に入り込み、男児に襲い掛かって森の奥深くに連れ去ってしまったという。

 地元関係者らは州政府に対し、「殺処分命令」を出すよう要請した。

 同域では、これまでの2か月間、ヒョウの襲撃による死者が男児を含めて3人となった。今月7日にも、8歳の男児が犠牲になったばかりだという。

 インドでは、都市部の拡大や森林の縮小でヒョウの生息数が減少する一方、ヒョウと人間の接触や、人間が襲われる例が増加している。

 先週にも西部マハラシュトラ(Maharashtra)州の森で、瞑想(めいそう)中だった僧侶がヒョウに襲われて死亡し、同域では今月だけで5人目の犠牲者となった。(c)AFP