【12月9日 AFP】エドゥアール・フィリップ(Edouard Philippe)仏首相は8日、フランス各地で抗議活動を展開する「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)」運動の代表者に新たな対話を呼びかけ、仏政府は生活費の高騰をめぐる懸念に対処することを約束した。当局の発表によると、同日の各地での抗議デモでは1385人が拘束された。

 フィリップ首相はテレビ演説で、「対話は始まっており、今後も続かなければならない」と述べ、「大統領が話し、この対話を満足させるための対策を提案するだろう」と付け加えた。

 クリストフ・カスタネール(Christophe Castaner)内相によると、8日の各地での抗議デモ参加者は12万5000人に上った。うち1385人が警察により拘束された。(c)AFP