【12月8日 AFP】フランス南東部のリヨン(Lyon)で6日、「第20回光の祭典(Fete des Lumieres)」が開催され、街全体で光のショーが繰り広げられた。リヨンでは1643年の感染症の流行が終息して以降、聖母マリア(Virgin Mary)がその母アンナ(Anne)の胎内に宿ったことを記念する祝日に、マリアに感謝をささげる祭りが開かれるようになった。「光の祭典」は1852年から毎年開かれている。(c)AFP