世界初のSDGsに関するクラウド型カードゲーム「THE SDG Action cardgame『X(クロス)」』のクラウドファンディングが約332%の達成率で達成。東京・神谷町にて達成記念イベントとして、カードゲームの体験会と、リバースプロジェクト伊勢谷友介代表、龜石太夏匡共同代表、と金沢工業大学SDGs推進センター長 平本督太郎によるトークショーを実施。









 金沢工業大学では、第1回「ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞受賞後、SDGs達成に向けたさまざまな組織との連携を加速させています。

*SDGsとは国連加盟193国が達成を目指す持続可能な開発目標のことです。







 このたび、金沢工業大学SDGs推進センターは株式会社リバースプロジェクトと共にSDGsに関するカードゲーム「THE SDG Action cardgame『X(クロス)」』(以下、X)を共同開発しました。

 https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0920_sdgscard.html







 本カードゲームは、金沢工業大学SDGs推進センターのウェブサイトから無償でダウンロードいただくことができ、すでに17ヶ国、1000名以上の方に体験いただいております。

 https://www.kanazawa-it.ac.jp/sdgs/



 他方で、ダウンロード後に、カードを切って作成するという手間が生じるため、購入してすぐにプレイできる製品版への要望を多くの方々から頂いておりました。

 こうした背景から、株式会社リバースプロジェクトと金沢工業大学は、クラウドファンディングサイト「Ready for」にて、カードゲームの製品化のためのクラウドファンディングを当初の目標を100万円と設定し、SDGsバースデイである9月25日から開始いたしました。

 https://readyfor.jp/projects/SDGs/



 その後、多くの方々からのご支援により、1週間で目標の100万円を達成することが出来たとともに、(1)カードゲーム英語版の製品版制作費、(2)カードゲーム小学生版の無料ダウンロード版(データ版)制作費、(3)カードゲームアプリ版の研究費、を集めるために設定したネクストゴール300万円も終了日の1週間前に達成し、最終的には3,326,000円(当初の目標金額の約332%)が集まりました。



 今回のクラウドファンディングの達成を記念して、神谷町で開催される「TOKYO God Valley WEEK -Kamiyacho 2018 Winter-」において、カードゲームの体験会と、リバースプロジェクト伊勢谷友介代表、龜石太夏匡共同代表と金沢工業大学SDGs推進センター長の平本督太郎によるトークショーを行います。終日、参加無料のイベントとなっていますので、是非ご参加ください。(カード作成のワークショップのみ、当日会場での事前登録制)







 イベントの詳細はPDFの資料をご覧ください。



 金沢工業大学では、今後も日本一のSDGs教育推進大学として、日本中・世界中にSDGs教育を広めていくことに注力していくことで、SDGsの達成に貢献していきます。







SDGsの達成に向けた金沢工業大学の取り組み

 その他、金沢工業大学のSDGsに関する取り組みについては、SDGs推進センターのウェブサイトをご覧ください。



SDGs推進センターのウェブサイト:

 http://www.kanazawa-it.ac.jp/sdgs/



共同開発パートナー

株式会社リバースプロジェクトについて ( https://www.rebirth-project.jp/




 「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」という命題のもと、私たち人間がこれまでもたらした環境や社会への影響を見つめなおし、未来における生活を新たなビジネスモデルと共に創造していくために活動。

 2009年に代表・伊勢谷友介のもとに、様々な才能を持ったアーティスト・クリエーター・プロデューサーが集結し、設立。衣、食、住をはじめとし、教育・芸術・支援といった分野での課題をクリエイティブな視点から解決しています。



SDGsとは

 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、国連に加盟する世界193か国が合意した17の目標、169のターゲットのことです。貧困等の途上国を中心とした社会課題の解決のみならず、気候変動等の先進国・途上国共通の社会課題の解決について、2030年までに達成すべき目標が設定されており、達成するためには政府・国際機関・民間企業・NGO・学術機関・市民等、さまざまなステークホルダーのパートナーシップが必要となります。



▼本件に関する問い合わせ先

金沢工業大学 広報課

住所:石川県野々市市扇が丘7-1

TEL:076-246-4784

FAX:076-248-7318

メール:koho@kanazawa-it.ac.jp





【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/