【12月5日 AFP】米プロバスケットボール(NBA)の人気チーム、ロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)のレジェンドであるコービー・ブライアント(Kobe Bryant)氏が、古巣が復活への道を歩んでいることに自信を見せ、現最強チームのゴールデンステイト・ウォリアーズ(Golden State Warriors)のファンを再び鼻で笑えるようになる日も近いと話した。

【編集部おすすめ】レブロンに勝つ自信あるM・ジョーダン氏、「コービーには負ける」

 5シーズン連続でプレーオフ進出を逃しているレイカーズだが、ブライアント氏は、チームがすぐにまたタイトルを争えるようになるはずだと考えている。レイカーズはこのオフに、チーム立て直しの切り札としてレブロン・ジェームズ(LeBron James)を獲得し、現在は14勝9敗と勝ち星が先行している。

 本拠地ステープルズ・センター(Staples Center)で行われたレイカーズのイベントに出席したブライアント氏は、古巣がまた優勝争いできるようになると思うかと問われると、「もちろん。もちろんできるさ」と答えた。

「チームは強い決意を持ってそれを成し遂げようとしているし、成し遂げるだろう」「才能ある選手がそろっている。だから旅を楽しんでいれば、気づいたらチャンピオンになっているよ。そうしたら、ウォリアーズファンの人たちを鼻で笑ってやればいい」

 その一方で、チームの若返りに自信を持っているブライアント氏は、ジェームズ1人に再建の重荷を負わせるのは良くないとも話している。

「彼は常にスポットライトを浴びてきたし、その重圧を見事に乗り越えてきた。しかし、ここには才能豊かな若手が何人もいるというのが違いだ。だから問題は、選手たちがどれだけ早くお互いのプレースタイルを理解できるかだ」「レブロンにとっては我慢のしどころだし、チームが沈まないためには、彼がやるべき仕事をこなす必要がある。つまり両方のバランスを取るということだ」 (c)AFP