【11月11日 AFP】エジプトの首都カイロ南郊の古代都市サッカラ(Saqqara)のピラミッド群外れの発掘現場で、6000年以上前のものを含む石棺(サルコファガス)7棺が見つかった。考古学当局が10日、明らかにした。

 ハリド・アナニ(Khaled el-Anany)考古相によると、3棺は猫たちのもので、残り4棺のうち1棺は、王宮の建物の管理責任者クフイムハト(Khufu-Imhat)のものだった。

 エジプト政府考古学委員会のムスタファ・ワジリ(Mostafa Waziri)委員長は、エジプト考古学チームはサッカラで初めて、スカラベのミイラも発掘したと発表した。

 さらに、古代エジプトの猫の女神バステト(Bastet)にささげられた、金メッキを施された木像100体や銅像と共に猫のミイラ数十体が発掘された。

 古代エジプトにおいて猫は特別な位置を占めていたので、宗教上の供物としてミイラにされた。(c)AFP