【11月10日 AFP】(更新)米カリフォルニア州北部で発生した大規模な森林火災で、州都サクラメント(Sacramento)北部ビュート(Butte)郡保安官事務所は9日、9人が死亡したと発表した。地元当局によると避難者は15万人に上った。

 これに先立ち郡保安官事務所は同郡パラダイス(Paradise)で、炎から逃れようとしていた複数の車から計5人の遺体が見つかったと発表していた。犠牲者の身元は分かっていない。この他に数十人が行方不明になっている。パラダイスでは全住民約2万6000人が避難を命じられていた。

 住民がソーシャルメディアに投稿した映像には、煙とオレンジ色の炎が上がる中を車が走り抜ける様子が映っている。

 緊急対策当局は記者会見で、「キャンプファイア(Camp Fire)」と名付けられた今回の山火事で死者が出たとしながらも、死者数はわからないと述べていた。

 カリフォルニア州森林保護・防火局(Cal Fire)によると、火災は強風にあおられて約80平方キロメートルに延焼、今も延焼を抑えられていない。

 当局はシエラネバダ(Sierra Nevada)山脈の丘陵地帯にある景観地域の住民数万人に強制避難命令を出した。これにはパラダイスに近い、人口9万3000人のチコ(Chico)の住民の一部も含まれている。

 ギャビン・ニューサム(Gavin Newsom)加州知事代理は非常事態を宣言、被災地域の支援に乗り出した。(c)AFP