ワールド・ゴールド・カウンシルが金のデータ、分析、調査で最も信頼できるプラットフォームを立ち上げ



AsiaNet 76195 (2078)



【ロンドン2018年11月8日PR Newswire=共同通信JBN】ワールド・ゴールド・カウンシル(World Gold Council)は8日、投資家が戦略的資産としての金の価値を理解するうえで有益なデータ、洞察力、分析ツールから成る市場最高の情報源となるGoldhubを立ち上げた。



(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/779630/World_Gold_Council_Logo.jpg )



Goldhubは、金投資に関して情報に基づく判断を下す際に必要な幅広いデータを投資家に提供する。さらに、投資家は初めて、単一で便利なオンライン情報源で双方向のツールおよび専門的調査を利用することができる。



ワールド・ゴールド・カウンシルのチーフマーケットストラテジストでヘッド・オブ・リサーチであるジョン・リード氏は以下のようにコメントした。

「われわれはGoldhubが斬新なものであると確信している。Goldhubは、投資家のポートフォリオにおける金の効力と、その役割の評価の方法を投資家が理解することに役立つ。昨年、機関投資家に2件の調査研究を委託したが、両調査とも金に投資しない主な理由としてデータ不足を挙げた。Goldhubはこれを補完する」



Goldhubは以下をユーザーに提供する。



*多数の公的および民間情報源と、ワールド・ゴールド・カウンシル独自の市場データから抽出され、詳細な方法論の注釈付きの吟味された有効なデータで、情報に基づく投資決定に役立つ。



*ポートフォリオ・シミュレーターを含む双方向ツール。これは新規および経験豊富な投資家が仮想ポートフォリオを構築し、リスク調整した利益を含む過去の実績を比較することを可能にする。さらに、視覚化された分析およびデータダウンロード・オプションはユーザーが金市場データを分析することを可能にし、自らの洞察力を拡充し、検証することを可能にする。



*金の役割、ドライバー、実績に関する豊富な調査。これは戦略的な資産管理をサポートする豊富なリソースを形成する。一連の資料は2、3例を挙げると、中国やインドなどの主要市場における進展、金相場の見通しに関わるマクロ経済変数の潜在的影響、中央銀行の買い入れ傾向など金市場の特定分野の調査および洞察も提供する。



Goldhubはウェブサイトhttp://www.goldhub.com でアクセスできる。



ワールド・ゴールド・カウンシルはTwitterの@goldcouncil、Facebookでフォローできる。



編集者注



▽Goldhubについて

Goldhubは、金業界の市場の育成を目的とする組織であるワールド・ゴールド・カウンシルが運営する。ワールド・ゴールド・カウンシルは、Goldhubに含まれるコンテンツ(ツールも含む)は正確であり、高品質であるが、特定の目的への適合性を含め、このコンテンツに関して請願するものでもなく、それを保証するものでもない。詳細はGoldhubウェブサイトwww.goldhub.com にある契約条件を参照。



▽ワールド・ゴールド・カウンシル(World Gold Council)について

ワールド・ゴールド・カウンシルは金業界の市場の育成を目的とする組織である。その目的は、金市場における世界的権威として、業界でリーダーシップを発揮し、金に対する持続的な需要を刺激することである。



ワールド・ゴールド・カウンシルは、金市場に関する真の洞察力に基づき、金をベースにしたソリューション、サービス、製品を開発し、広範なパートナーと協力してわれわれのアイデアを実行に移している。われわれは国際金市場に洞察力を提供し、人々が金の富保全の特性や、社会の社会的および環境的なニーズに対して金が果たす役割の理解を深めることに役立つ。



ワールド・ゴールド・カウンシルのメンバーには、世界をリードする最も先進的な金鉱山会社が含まれている。



ソース:World Gold Council