【11月9日 時事通信社】中米諸国から米国移住を目指す集団「キャラバン」が北上している問題で、エルサルバドルのサンチェスセレン大統領は8日、米国に移住しようとする国民を止めることはできないと述べた。トランプ米大統領は不法移民流出を阻止できていないことを理由に、同国などへの援助停止を表明している。

 AFP通信によると、サンチェスセレン氏は「われわれは暴力問題や(米在住)家族との合流のための移住を防ぐことはできない」と強調。一方で「米国やメキシコで直面する現実や、移動のリスクに目を向けさせるため、何らかの対策を取らねばならない」と述べた。

 エルサルバドルの治安は世界最悪レベルで、2016年の殺人事件発生率は日本の300倍近くに達している。(c)時事通信社