【10月15日 AFP】ノルウェー南東部で、地中に埋められたバイキング船とみられる物体の痕跡が発見された。考古学者らが15日、発表した。非常に珍しい発見で、中世において卓越した航海術を誇ったバイキングの遠征を解明する手掛かりになる可能性があるという。

 首都オスロの南東に位置するハルデン(Halden)にある塚で今回、地中探知レーダーが地下約50センチの深さで、船のような物体の輪郭を捉えた。

 ノルウェー文化遺産局(NIKU)の考古学者はAFPに対し、「塚の中部で、例外的と言うべきもの、他のものとは違って、明らかにバイキング船の特徴と形を備えたもの」を発見したと説明。「はっきり言えないのは保存状態についてだ。ボートがあった。だがどのくらい木造部分が残っているかについて話すのは難しい」と述べた。

 8~11世紀に海を股に掛けたバイキングは、北欧の戦士であり商人でもあった。彼らは陸に引き揚げられた船に王や族長を乗せて弔い、船を塚の地下に埋葬したという。(c)AFP