【10月15日 AFP】サッカー国際親善試合は14日、各地で行われ、ポルトガルはエウデル・コスタ(Helder Costa)が代表デビュー戦を飾る得点を挙げるなどし、3-1でスコットランドに勝利した。

 イングランド・プレミアリーグのウォルバーハンプトン・ワンダラーズ(Wolverhampton Wanderers)に所属するコスタは、敵地ハムデン・パーク(Hampden Park)でハーフタイムを前に先制点を決めた。

 クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)を欠きながらも、ポルトガルは後半にエデル(Eder)とブルマ(Armindo Tue Na Bangna 'Bruma')が追加点を挙げて快勝を収めた。

 ロナウドに加えて、トルコ1部のベシクタシュ(Besiktas)やイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ(Manchester City)のベルナルド・シウバ(Bernardo Silva)が所属クラブに帰還したこともあり、フェルナンド・サントス(Fernando Santos)監督は11日にポーランドに勝利したUEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League 2018-19)の試合から大幅にメンバーを変更していた。

 一方、11日のイスラエル戦で1-2と敗れていたスコットランドは、終了間際にスティーヴン・ネイスミス(Steven Naismith)が1点を返しすにとどまった。(c)AFP