【10月11日 AFP】鼻をほじると肺炎になる恐れがある──こんな研究結果を11日、英国の科学者チームが発表した。「鼻をほじらないで!」とどんなに口を酸っぱくして注意してもやめないわが子にいらいらしていた方には、その根拠を明示できるという意味で朗報かもしれない。

【編集部おすすめ】肺炎で2030年までに5歳未満1000万人超死亡 研究

 放置すると命に関わる肺炎の原因となる肺炎球菌は、保菌者がせきやくしゃみをした時などに空気中に飛散する唾液を介して広がることが知られている。

 しかし英研究チームは今回、鼻と手を媒介して肺炎球菌が感染することを初めて確認したと発表した。

 欧州呼吸器学会誌(European Respiratory Journal)に掲載された研究では、成人被験者らの手に肺炎球菌を塗布した上で、日常的にあり得る動作を再現する意味で「ぬれた手を鼻に近づけて息を吸い込む」「乾いた手を鼻に近づけて息を吸い込む」「ぬれた手の指を鼻の穴に入れる」「乾いた手の指を鼻の穴に入れる」という4つのいずれかを行ってもらった。

 その結果、王立リバプール大学病院(Royal Liverpool University Hospital)とリバプール熱帯医学校(LSTM)のビクトリア・コナー(Victoria Connor)研究員は「人間の手でも肺炎球菌が媒介されることが示された。携帯電話や子どものおもちゃなども、感染拡大の要因になっている可能性がある」と指摘している。

 肺炎で命を落とす5歳未満の乳幼児は世界で年間推定130万人に上る。コナー氏は、今回の被験者は成人だったとはいえ、得られた教訓は主に幼い子を持つ親に生かしてもらいたいとしている。

「子どもたちに鼻を触るなと言っても無理だろう」とコナー氏。「それでも手を清潔に保ち、おもちゃなどの表面を洗浄しておけば、菌の広がりを抑制し、感染リスクを減らせる可能性が高い」と述べている。(c)AFP