【10月12日 CNS】中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)バインゴリン・モンゴル自治州に位置するコルラ市(Kuerle)で6日、ジャコビニ流星群が観測され、同地区の上空は星に包まれた。

 ジャコビニ流星群は、国内では10月6日から10日の間で見ることができる突発的な流星群で、当日は天文愛好家などが各地で流星群の景色を楽しんだ。

 天文専門家の話によると、10月はジャコビニ流星群も含め、おうし座流星群、オリオン座流星群の3つの流星群を見ることができる。今回のジャコビニ流星群が極大を迎えるピークは9日だった。(c)CNS/JCM/AFPBB News