【10月10日 AFP】男子テニス、上海マスターズ(2018 Shanghai Rolex Masters)は9日、シングルス2回戦が行われ、大会第5シードのマリン・チリッチ(Marin Cilic、クロアチア)と第6シードのドミニク・ティエム(Dominic Thiem、オーストリア)が初戦で敗れる波乱が起きた。

 チリッチはニコラス・ハリー(Nicolas Jarry、チリ)を相手に第1セットを奪いながらも6-2、6-7(6-8)、5-7で逆転負け。ティエムもフルセットの熱戦の末にマシュー・エブデン(Matthew Ebden、オーストラリア)に4-6、7-6(10-8)、6-7(4-7)で苦杯をなめた。

 一方、1回戦に登場したジョージアのニコラス・バシラシビリ(Nikoloz Basilashvili)はカナダの新鋭デニス・シャポバロフ(Denis Shapovalov)に圧勝し、前週の中国オープン(China Open 2018)を制したのが決してまぐれではなかったことを証明した。

 7日に行われた中国オープン決勝でファン・マルティン・デルポトロ(Juan Martin Del Potro、アルゼンチン)を破り、最新世界ランキングで自己最高の23位に上昇したバシラシビリは、10代のシャポバロフに6-2、6-2で勝利。試合時間はわずか57分だった。

 26歳のバシラシビリは次戦、3回戦進出を懸けて第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)と激突し、再び番狂わせを狙う。(c)AFP