【10月9日 AFP】全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2018)女王の大坂なおみ(Naomi Osaka)は、女子の日本選手として史上2人目となる世界ランク4位に到達する中で、2020年東京五輪で栄光をつかむことを目指している。

 今月16日に21歳の誕生日を迎える大坂は、先月米ニューヨークで行われた全米オープン決勝でセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)を破り、日本勢初の四大大会(グランドスラム)優勝者として一躍テニス界のスター選手となった。

 8日に発表された最新の世界ランキングで、キャリア最高にして女子の日本選手としては1995年の伊達公子(Kimiko Date)氏以来の4位にまで上り詰めた大坂は、今月末に行われるWTAツアー選手権(BNP Paribas WTA Finals Singapore 2018)で力強いパフォーマンスを披露することに加え、日本勢では史上初の世界トップで最高のシーズンを総括することを目指している。

 大阪府出身の大坂は、米国との二重国籍を持ちながら現在は日本代表としてプレーしている中で、背中のけがで欠場することを余儀なくされた香港オープン(Prudential Hong Kong Tennis Open 2018)で東京五輪を見据えていると明かし、「誰もが日本で開催される五輪を本当に楽しみにしている」「日本人選手全員が大会で活躍することを望んでいて、私も同じ気持ち」と報道陣にコメントした。

「心から五輪を経験したいと思っているのと同時に、金メダルを勝ち取りたいという気持ちがある。五輪に出場するなら誰もが金メダルを求めるものだから、それが私の目標。だけど、とにかく楽しい経験ができることも期待している」