【10月8日 AFP】世界ロードレース選手権(WGP 2018)第15戦のタイGPは7日、MotoGPクラスの決勝が行われ、レプソル・ホンダ(Repsol Honda)のマルク・マルケス(Marc Marquez、スペイン)が初開催の大会でのスリリングな勝負を制し、年間優勝へリードをさらに広げた。

 レースは終盤、マルケスとドゥカティ(Ducati Team)のアンドレア・ドビツィオーソ(Andrea Dovizioso、イタリア)の間で何度かトップが入れ替わる白熱のバトルが展開されると、最後は最終周の息をのむ一騎打ちを制したマルケスが競り勝った。

 マルケスは39分55秒722でフィニッシュ。0秒115差の2位にドビツィオーソが入り、0秒270差の3位はモビスター・ヤマハ(Movistar Yamaha)のマーベリック・ビニャーレス(Maverick Vinales、スペイン)となった。

 マルケスはレース後、「全力を尽くそうと思っていた。チャンピオンシップのことは忘れていたよ。そういうことは全部忘れていた」と話し、「ラスト5周はタイのファンにとってもすごく良いものになった」と続けた。

 ドビツィオーソもレースに一定の満足感をのぞかせつつ、「最終コーナーで勝ったと思ったところから負けるのは嫌なものだ」と話した。

 マルケスはこれで年間ポイントを271点に伸ばし、2位ドビツィオーソとの差を77ポイントに広げている。残り4レースで獲得可能なポイントは最大でも100点であるため、マルケスの連覇と5回目の年間優勝が濃厚となった。(c)AFP/Joe FREEMAN