【10月3日 AFP】タイ当局は3日、米俳優レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)さん主演の映画『ザ・ビーチ(The Beach)』(2000年)で有名になったピピ・レイ島(Koh Phi Phi Ley)にあるマヤ湾(Maya Bay)を、殺到した観光客がもたらした打撃から回復させるために、無期限で閉鎖すると発表した。

 タイ国立公園・野生動物・植物保全局(DNP)は1日付の官報で、マヤ湾の生態系が「通常の状態へ完全に回復するまで」無期限閉鎖することを発表していた。

 白い砂の美しいマヤ湾は、毎日船で訪れる多数の日帰り観光客によって海岸が浸食されたり、汚染にさらされたりしたため、当局は6月から現在まで4か月間の期間を設けて、一時的に入場禁止にしていた。しかしこの間行われた調査で、短期間の措置ではマヤ湾の環境は回復しないことや、汚染や破壊が当初の予想よりも深刻だったことが明らかになった。

 国立公園・野生動物・植物保全局のソンタム・スクサワン(Songtam Suksawang)局長は「毎月の評価を行ったところ、一日最大5000人の観光客が押し寄せたことによって生態系が深刻なレベルにまで破壊されていたことが分かった」と説明。「マヤ湾では湾内を覆っていた植物などを含めた生態系が完全に破壊されてしまったため、環境を改善し、元の状態に戻すことは非常に困難だ」と述べ、設定された期間内での回復は「不可能」だとの認識を示した。(c)AFP