【9月23日 AFP】バドミントン男子のリー・チョンウェイ(Chong Wei Lee、マレーシア)が、初期段階の鼻のがんにより、台湾で治療を受けていることが分かった。22日にマレーシアバドミントン協会(BAM)が発表した。

 過去に世界ランキング1位に輝き、五輪で3個の銀メダルを獲得しているリー・チョンウェイは、マレーシアでは五輪で最も大きな成功を収めたスポーツ選手で、同国ではスーパースターの地位を確立している。

 BAMによれば治療は順調だというが、薬物使用による出場停止が明けてから粘り強くランキング上位に復帰し、本来の姿も徐々に見られるようになっていた35歳のベテランにとって、今回の病は大きな痛手になる。

 リーについては、トレーニングに姿を見せなくなり、世界選手権(2018 TOTAL BWF World Championships)とアジア大会(18th Asian GamesAsiad)欠場を協会が発表した7月以来、健康状態が思わしくないとの臆測が広がっていた。特に世界選手権はリーがまだ獲得したことのないビッグタイトルの一つだった。

 その後、治療のため台湾へ渡ったとの報道が出る中、関係者は具体的な病状について固く口を閉ざしていたが、BAMのノルザ・ザカリア(Norza Zakaria)会長がこの日、「リーは初期段階の鼻のがんと診断された」ことを発表した。

「現在は台湾で治療を受けていて、うれしいことに効果は順調に表れている。現在は家族や親しい友人とともに静養している。協会も常に連絡を取っているし、レジェンドのために可能な限りのサポートをするつもりだ」 (c)AFP